その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(949)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、法定地上権の底地が対象に年間地代17万円で入札5本、「超過売却」による一部売却

 不動産競売は民間の金融機関の債権回収手段であるが、申し立て債権者の債権額が差し押えた不動産の評価額に対し、低い場合もある。このとき、裁判所の判断によって、差し押えした不動産の一部のみを競売に付する場合がある。  これは、「超過売却」による一部売却と言われるものである。ここで裁判所の判断として土地付き建物の場合、法定地上権付き建物と、その底地いずかを売却する場合がある。  通常の不動産取引において ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年7月1日