行政

その他

消費税10%時、最大50万円を現金給付、8%時には最大30万円幅広い層対象に

 自民・公明両党は6月27日、消費増税に伴う住宅ローン利用者向け給付措置の内容を固めた。消費税率が8%となる来年4月以降は年収510万円以下の世帯を対象に最大30万円を、10%となる2015年10月以降は年収775万円以下の世帯に最大50万円を現金で給付する。現金購入者に対しても年齢・年収に一定の要件を設けて給付することとした。 ●現金購入者にも給付  政府は来年4月から住宅ローン減税の拡充を決 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年7月1日