その他

連載

不動産金融のチカラ、86、金融緩和が不動産に与える影響、澤田考士

 日銀の黒田総裁就任後の新体制の下、13年4月には2年程度の期間を念頭に消費者物価指数前年比上昇2%を目指す、いわゆる「異次元緩和」の実施が公表された。  すでに、アベノミクスへの期待感を反映して大幅に上昇した株価指数は若干の調整を伴いながらも堅調に推移し、金融政策に対するポジティブな反応を示している。  このような新たな市場局面において、株価の変動性が増している点はかねてより指摘されてきたが、最 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年5月27日