不動産流通・売買・仲介

1面トップ

2012年度仲介実績本紙調べ、手数料収入、ほぼ全面回復、件数増で価格減補う、後半に中古需要伸びる

 不動産流通各社の2012年度仲介実績が出そろった。昨年末に政権が交代して以降、アベノミクスが掲げる経済・金融政策により経済が回復するとの期待が増し、不動産業界も資産デフレ脱却と不動産需要の増加に期待を寄せている。実際、各社とも昨秋以降から中古住宅売買が活発化していたところに景気回復期待の高まりで活況に拍車がかかっていると口をそろえる。仲介実績集計24社のうち前期と比べて取扱件数が増えたのが18社 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年5月27日