開発, 分譲, 不動産流通・売買・仲介, 賃貸管理, ハウス・住設

1面トップ

住宅・不動産13年3月期決算、住宅需要伸び増益基調、14年3月期も続伸見込む

 住宅・不動産会社の13年3月期決算がほぼ出そろった。大手不動産は棚卸評価損を計上した三菱地所を除いて堅調なマンション販売が業績をけん引。分譲部門の増益率は三井不動産が47%、住友不動産が3%、過去最高の計上戸数だった野村不動産は57%に達し、分譲売上高が25%増えた東急不動産も合わせて大手5社中4社の連結営業利益が増益した。14年3月期もマンションが業績を底上げし、5社すべてが経常増益する見込み ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年5月20日