開発

その他

森ビル、渋谷で自由な住まい方提案、カーブする壁と各戸に専用庭、世界的建築家SANAA基本設計のマンション、「離れ」や「茶室」使い方自由に

 森ビルは、東京都渋谷区の高級住宅街、松濤・神山町エリアで、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞した妹島和世氏と西沢立衛氏の建築家ユニットSANAA(サナア)が基本設計を担当した総戸数6戸の分譲マンション「Case(ケース)」のモデルルームをオープンした。地下1階地上3階建ての4層の建物を、カーブした真っ白な壁と全住戸に設けた専用庭によって不規則な2~3層のメゾネット住戸に区切り、すべて ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年5月6日