その他

連載

2013年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、不動産取引の日米比較、情報の質・透明性に開き、周辺サービスの成熟も課題

 日米両国ともに、国内経済の活性化に向けて中古住宅市場の拡大は不可欠。住宅取引の9割を占めると言われる米国の中古流通市場は、関連法や取引の透明性を高めるさまざまなシステムが根付いている。両国の中古流通システムを比較すると、住宅取引の大半を占める米国に比べ、日本の中古市場の制度や情報流通システム、サービス面での課題も浮かび上がる。 ■中古市場が経済回復のカギ  オバマ大統領は2期目の政権を始動し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年2月25日