不動産流通・売買・仲介, 賃貸管理

その他

CFネッツグループ代表倉橋隆行氏新刊「馬鹿に効く薬。」発刊、失敗しない不動産投資と、コンサル会社の役割解説、「安易な投資は禁物。基本押さえ、社会とのかかわりも意識」

 不動産コンサルタントを中心に建築やホテルなど8社を経営するCFネッツグループ代表の倉橋隆行氏が、自らの起業と投資家の立場に立った不動産コンサルタント会社のあり方を語った著書「馬鹿に効く薬。」(週刊住宅新聞社発行)を出版した。倉橋氏は不動産投資がまだ一般的ではなかったサラリーマン時代から5億円を超す不動産投資を実践。現在も急成長を続けるCFネッツの最前線で個人投資家にコンサルティングを提供するかた ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年2月11日