開発

その他

GLプロパティーズ、物流22施設に太陽光

 GLプロパティーズは21日、日本国内の22施設に太陽光発電を導入することを明らかにした。  運営する22の物流施設の屋根・約30万5000平方メートルに、約74億円を投じソーラーパネルを設置する。約5300世帯分の消費電力に相当する一時間当たり29.6メガワットの発電を見込む。  今年4月に設置を始め、14年3月までには全施設で運転を始める。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月28日