開発

その他

首都圏物流の空室率、12月3.7%に改善

 シービーアールイー(CBRE)が調べた12年第4四半期の首都圏大型マルチテナント型物流施設の空室率は前期比0.9ポイント減の3.7%に改善した。竣工後1年以上が経過した既存物件の空室率は0.7ポイント下がり、04年の調査開始以来最も低い2.5%に低下した。ネット通販の需要が継続しているほか、コンビニエンスストアの出店拡大に伴う物流需要の増加も空室消化に寄与した。  13年の新規供給予定は過去5年 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月28日