その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(725)、ハウジングライター・藤原 利彦、三井不の新サービス「健康サポート」、大川端で実証実験、タニタ、慶大と共同で研究

 賃貸住宅はさまざまな入居者サービスを競うのがトレンドだが、三井不動産の新たな取り組みは健康サポートサービス。このほど「都市型居住者向け健康サポートサービス」の実証実験を東京・中央区佃の大川端リバーシティ21エリアで始めた。今後開発する賃貸マンションの付加価値サービスとして展開する。  大川端で始めた健康サポートサービスは、三井不動産、慶應義塾大学スポーツ医学研究センター、タニタの共同研究で開発し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月28日