その他

連載

台湾人は日本の不動産をなぜ好むのか?、信義房屋不動産 林彦宏社長、3、大戦後に資産を独占した「外省人」、本省人と思考の違いも浮き彫り

 親日家が多いことで台湾は知られています。簡単に歴史をひも解くと、日清戦争を経て1895年から半世紀にわたり日本の支配下にありましたが、第2次世界大戦で日本が敗戦したことで中国に復帰、1949年の国共内戦に敗れた国民党の蒋介石政権が台湾に移住しました。1971年10月に中華人民共和国が国連に復帰し、台湾は国連での代表権を失いました。  戦後も軍政が敷かれていたが、1987年7月に戒厳令が解除されて ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月28日