その他

連載

実録鑑定の現場から、不動産鑑定士海老沼事務所海老沼利幸、(54)、「建付減価」更地化を勘案し評価算出

 鑑定用語に「建付減価」という言葉あります。特段、鑑定用語と言い切らなくても日本語的に推測が立つような言葉です。  まず、建付地は、簡単にいえば建物が建っている場合のその土地、という意味です。そして、建付地であるために土地が減価しているのが建付減価です。その例として、一番簡単に説明できるのが、土地の上に異常に古い建物が建っている場合です。もしも、この不動産を売りに出して誰かが買うとすれば、直ちに取 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月28日