団体

その他

大学不動産連盟、新年会で復興支援、チャリティや講演

 大学不動産連盟(伊藤守理事長)は22日、東京・市ヶ谷の日本大学桜門会館で新年会を開催した。加盟校の15大学から約150人が参加。参加費の一部をチャリティとして、東日本大震災の復興支援に充てた。  新年会では第一部で「被災地の現状について」と題し、前岩手県議会議員・高橋博之氏が講演。「水産業や農業の将来性がなく、働く場がない。助成金や公的支援に依存するのではなく、自立していくための環境整備が重要」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月28日