統計・データ

その他

建設工事、資材、賃金の上昇続く、先行きさらに厳しく

 建設工事の資材価格と労働者の賃金がそろって上昇傾向にあり、今後も上昇する見方が強いことが東日本建設業保証などが全国の建設業者を対象に実施したアンケート(2012年10月~12月)でわかった。  調査は四半期ごとに実施。全国2483社から得た回答をもとに項目ごとの景況判断指数(BSI)を割り出す。資材調達、労働者確保は指数のマイナスが大きいほど難しいことを示し、価格、賃金はプラスが大きいほど上昇し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月28日