行政

その他

東京都、不燃化特区を創設、規制緩和で「木密」再開発

 老朽化した木造住宅が密集し、災害時に大規模な火災が起きるおそれのある「木密地域」の解消に向け、東京都は区が実施する再開発事業などに総合的な支援を行う不燃化特区制度を創設する。2012年度予算案に対策費として19億円を盛り込み、予算成立後は先行実施地区として昨年指定した12地区で事業の具体化を図る。  都が認定した不燃化特区の整備プログラムに基づいて区が取り組む事業を支援する。木密地域の整備事業と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月28日