開発

その他

オリックス不大京など4社、大阪で西日本最大級874戸、一般販売開始防災対策を充実

 オリックス不動産、大京など4社は、大阪厚生年金会館跡地で開発中の西日本最大級の53階建てマンション「大阪ひびきの街ザ・サンクタスタワー(総戸数874戸)」の販売センターをグランドオープンし、昨年11月からの会員限定販売に次ぐ一般販売を始める。  大林組による最新の制振構造を採用。約7日間の停電や断水に備えたライフラインの確保や、計画的に配置された避難動線と避難ポイントといった充実した防災対策が評 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月21日