開発

その他

都心大規模ビル、空室率やや低下、三幸エステート調べ

 三幸エステートが調べた東京都心5区に立地する大規模ビル(基準階面積200坪以上)の12月の空室率は6.76%で、前月から0.15ポイント低下した。新築ビルの空室消化が進んだことで需給は改善したが、空室率は8月の6.74%から6%台後半で小刻みな上下動を繰り返している。新築ビルにテナントが移転した後の既存ビル空室のテナントが決まりにくく、当面の空室率は一進一退が続くと見込んでいる。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月21日