開発

その他

空室率4年半ぶり改善、東京のビル、BCPニーズで

東京ビルヂング協会は、12年10月期のビル経営動向調査をまとめた。154社が回答した。  3カ月前と比べた23区の空室状況を示す空室景況感は、前期7月のマイナス1.7からプラス2.0に改善した。空室景況感がプラスを示すのは、リーマンショック直前だった08年4月期から18期ぶり。統合集約移転やBCPニーズの高まりを背景に、空室率が低下した会員が増えた。千代田区と渋谷区の空室景況感は二けたのプラスを示 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月21日