団体

その他

各地で団体支部新年会、景気回復・市場活性化へ期待込め新年スタート、「公益事業を促進」「協会運営は効率化」の声も相次ぐ

■業界を盛り上げる年に/神奈川宅協川崎南支部  神奈川県宅地建物取引業協会川崎南支部は11日、新年会を開催した。  佐田哲男支部長は「昨年、公益社団法人の認可がおり、4月1日から移行するための体制が整った」と報告。社会貢献活動を一層積極化することを表明し、会員に協力を要請した。  また、「我われ中小企業はイメージトレーニングを積みながら仕事にあたることが必要だ。今年は株価上昇の期待感にさらに輪をか ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月21日