その他

連載

CFネッツ流、大家実践塾、収益還元評価と積算評価の考え方、54、安定収益の物件選びが基本、背負えるリスクを明確に

 金融機関の物件評価の手法には、一般的に収益還元評価と積算評価が採用される。  収益還元評価は、物件の収益力(ネット収入)をキャップレート(期待利回り)で割り戻した価格をいい、その物件の家賃収入が上がれば物件価格は上がり、キャップレートが上がれば、物件価格は下がることになる。  キャップレートとは、投資家側が、その物件に想定するリスク対して、これくらいの利回りを求めるであろうとする期待利回りのこと ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月21日