その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(927)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、マンションの上乗せ率が低下狭い価格レンジに入札が集中、12年の競売市場総括(中)

 前回に続き、2012年の東京地裁競売市場を振り返りたい。  競売市場の市況を測る指標の1つとして、落札価格の売却基準価額に対する上乗せ率というものがある。表1は2012年と、その前年を比較した表である。  これを見ると、物件全体としては5ポイント程度高くなっている。ただし、その内訳を見てみると、マンションについては、逆に5ポイントほど低下している。  マンションへの入札が衰えたわけではないところ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月21日