行政

その他

バリアフリーの基本構想、策定自治体は2割未満、国交省調べ

 バリアフリー法に基づいて地方公共団体が作成できる基本構想が2割未満にとどまっていることがわかった。国土交通省が市町村を対象に実施した調査によると、1742市町村のうち、基本構想を作成したのは全体の15%の271市町村にとどまる。作成していない市町村のうち、作成予定があるとしたのはわずか79市町村だった。  作成予定がない理由としては、「予算不足」が40%超で最も多く、「担当部署がない」が30%超 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月21日