行政

その他

不動産証券化「破たん実務」でセミナー、日本不動産学会

 日本不動産学会は3月4日、東京・文京区のすまい・るホールでセミナー「不動産証券化における関係当事者破綻時の実務」を開く。弁護士の稲葉譲氏が、リーマンショック後に発生した証券化関係者の破綻事例について実例を交えて論点を解説する。  参加費は5000円(学会会員、賛助会員は無料、後援団体関係者は3000円)。定員は150人。申し込みは(1)セミナー名(2)氏名(3)区分(会員、団体関係者、一般)(4 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月21日