その他

連載

【ひと】不動産大手時代の経験生かす、ムーディーズ・ジャパンシニアアナリスト大久保敬裕さん

 1993年、東急不動産の新卒入社で社会人としての一歩を踏み出した。財務畑と分譲マンション開発に携わった。財務畑は6年半歩んだが、当時の上司から「証券アナリストを受験してみろ」と促され、3年がかりで合格した。 不動産業界でも証券化など資金手当て手法の高度化が進んでいたことと相まって不動産会社から転身。「複数の金融機関を考えていたが、新聞広告で知ったムーディーズの求人に応募、05年10月に入社した」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月21日