行政

その他

政府12年度補正予算案を決定、耐震化1戸30万円上乗せ

 政府は15日、過去2番目の大きさとなる2012年度補正予算案を閣議決定した。基礎年金の国庫負担分を含む国費は13兆1000億円、事業規模は20兆2000億円となる。住宅・不動産関連では、耐震診断・改修の補助を大幅に拡充するほか、官民ファンドを活用した低未利用不動産のバリューアップ、エネルギーを効率的に利用する「スマートマンション」の普及などを盛り込んだ。 ■省エネ改修にも補助、非住宅は最大75 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月21日