その他

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、不動産を考える

 1989年を境にして日本経済はインフレ基調からデフレ基調に変化しました。と、同時に不動産に対する考え方も180度変えなければ、うまく時代に対応できなくなりました。資産と言えるのは「収益の上がる不動産」だけではないでしょうか。  それ以外に所有していていい不動産は、自社使用のオフィスや工場、あるいは自宅だけだと言っていいかもしれません。ちなみに自宅はできれば賃貸よりも持ち家の方がいいと思うのです。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月14日