行政

その他

太田国交相、消費者目線で市場整備、中古・リフォームに意欲

 太田昭宏国土交通相は12月28日、専門紙の就任会見に応じた。住宅・不動産政策では中古住宅・リフォームを重点化した既存路線は踏まえつつ、「景気浮揚、経済活性化に向けてあらゆる施策を講じる」として長期優良住宅の供給促進などにも意欲をのぞかせた。  「かつて128万戸あった新設住宅着工は現在80万戸台にまで落ち込んだ。むりやり需要をつくるのではなく、(中古・リフォームを含めて)ユーザーが求める住宅をつ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月14日