ハウス・住設

その他

積水化学、戸建分譲に「減災」導入、延焼防ぐ井戸や“共助”の拠点

 積水化学工業住宅カンパニーはスマートハウスによる分譲事業「スマートハイムシティ・プロジェクト」に、災害時の被害最小化を目指す「減災指針」を導入した。初弾として東京セキスイハイムの「スマートハイムシティ立川幸町」(東京都立川市、40区画)に導入、18日から販売する。今後開発する全国の大中規模開発に採用する。 ■災害時の被害を最小化  スマートハイムシティ・プロジェクトは太陽光発電システム、独自 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月14日