開発

その他

今春開業、注目の都心オフィスビル

 今春、都心で注目の新築オフィスビルが相次いで開業する。「東京スクエアガーデン」は東京駅周辺では最大の基準床面積を誇り、「歌舞伎座タワー」は伝統文化を継承する建て替え事業として注目を集める。複合開発「ワテラス」は、既存住民や新住民、ワーカー、周辺の学生などを巻き込んだ街の賑わいの回復を目指す。いずれも災害対応や環境負荷軽減など、最新の機能を盛り込んだ、東京の新たなランドマークとなるビルだ。 ■東 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月7日