賃貸管理

特集

【2013年上半期 展望と課題】賃貸住宅管理、付加価値提案が重要に

 2013年も都心の一部を除き、賃貸住宅オーナーが空室率の上昇、賃料水準の低下に悩む構図に変化はないだろう。住宅・アパートメーカー系管理会社は、自社がかつて建築して他社管理になっていたアパートの管理替え獲得を強化している。賃貸管理会社にとっては、さらなる付加価値の向上が求められる。単なる入居者や建物の管理だけでなく、オーナーの資産全体のコンサルティングの必要性が指摘されはじめた。 ■賃料下落は既 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月7日