不動産流通・売買・仲介

特集

【2013年上半期 展望と課題】不動産流通、中古マンション市場、価格反転基調強まる

 中古マンション市場の2012年の動きは鈍かった。価格も一貫して下落基調。しかし、冷え込んでいた市場に回復の兆しが徐々に出てきた1年でもあった。特に後半にかけて流通量にしても取扱い価格にしても震災前の水準にほぼ戻ったとの感触を得ている不動産流通会社が増えている。2013年もこの流れを引き継いで流通事例数が増える見通しだ。売買価格の実感としても価格反転の見方が出始めた。  13年の注目点の一つは価格 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月7日