不動産証券化

特集

【2013年上半期 展望と課題】不動産投資、投資口価格回復で再び外部成長

 Jリート市場の回復傾向が鮮明になってきた。長引く景気低迷によって株式市場は低迷、安定した高利回りの商品としてJリートは再評価されてきた。投資口価格の回復と各金融機関がJリート向けの融資に積極的な姿勢を取ることから、資金調達環境が整い、昨年1年間の増資額は3000億円を超えた。新規上場もケネディクス.レジデンス投資法人、アクティビア・プロパティーズ投資法人、大和ハウスリート投資法人、GLP投資法人 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月7日