ハウス・住設

特集

【2013年上半期 展望と課題】昨年下期から受注好調続く、増税控え市場活況に、高額物件受注が増加

 09年度77万戸台に落ち込んだ新設住宅着工戸数は10年度、11年度と緩やかに回復、12年度も4~10月5.4%増で推移、3年連続のプラスとなりそう。経済は依然として不透明感が強いものの、消費税率引き上げが待ち構えていることもあって、潜在化していた建て替え需要が動き始めた。注文建築市場は一段と活況を呈することになるだろう。 ■注文住宅  12年4~10月の新設住宅着工を利用関係別に見ると、持家 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月7日