開発

その他

東京五輪招致で、日本経済を復活、都市活性化に熱い期待、長引く閉塞感打破へ

 東京都が招致を目指す2020年夏季オリンピック・パラリンピック開催地が9月7日に決まる。16年大会招致は国内からも支持を得ることができず落選したが、今回は東日本大震災、原発事故、そして長引く景気低迷などからの「ニッポン復活」というテーマのもと、前回以上に国内外からの支持を集めている。コンパクトな配置かつ既存施設を最大限活用した会場プランで招致を目指す。開催が決まれば都市開発活性化など日本経済復活 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月7日