その他

連載

大家検定講師 沖野元の「知識は力なり」(33)、学んだ知識の生かし方、常に「アウトプット」を意識しよう

 連載のタイトルとなっている『知識は力なり』は16世紀の哲学者フランシス・ベーコンの格言である。この言葉の重みや深みは今後も変わらないであろう。ただ知識が力となるのはそれを生かしたときである。最近は大家向けのセミナーがあちらでもこちらでも開催されている。その多くが大家にとって有益なものであると想像する。ただそれら参加した大家の大半は「なるほど」とは思うが、その通りに行動する人はわずかである。  例 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月7日