その他

連載

ヘルスケアリート、期待と課題、下、サービスの質低下を懸念、収益性との両立カギに

 ヘルスケア施設の証券化では、施設を利用するユーザーや施設を運営する事業者(オペレータ)にとっての課題もある。  ユーザーが不安視するのは事業の継続性やサービス水準の低下だ。良質なサービスを求めるユーザーと、経済合理性を追求する投資家の利益は必ずしも合致しない。施設の証券化によって満足のいくサービスが受けられなくなるのではないかという心配がある。  こうした不安を解消するため、ヘルスケアリートの創 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月7日