行政

その他

中心市街地、空き店舗に税負担も、活性化で経産省報告

 経済産業省は12月21日、中心市街地活性化政策の見直しについての報告書をまとめた。中心市街地で顕在化している空き店舗や未利用地について「一定の制度的な歯止め」を検討することなどを基本的な考え方の中に盛り込んだ。  報告書は空き店舗などが活性化の阻害要因となっていると指摘。土地の所有関係が複雑なことや、土地の活用にあたって地権者の合意形成が難しいことなどが背景にあるとした。問題解決に向けては公共目 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2013年1月7日