開発

その他

東急電鉄、ベトナムでマンション、「日本品質」初弾413戸分譲

 東急電鉄は、ベトナム・ホーチミン市から約30キロのビンズン省で分譲マンションを開発する。  同社の65%出資により、現地デベロッパーと3月に設立した合弁会社『ベガメックス東急』が、24階建て413戸のマンション「ソラ・ガーデンズ」を建設する。東急沿線開発で蓄積した不動産ノウハウを活用。ラウンジやジムといった多彩な共用施設に加え、高度な防犯性能や空中庭園、壁面緑化などを採用した“日本品質”の住宅を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月26日