不動産流通・売買・仲介

その他

リクルート調査、5人に1人が2世帯リフォーム、「親の老後や老朽化」が理由

 リクルート住まいカンパニーが20日に「2012年リフォーム実施者調査」の結果をまとめたところ、23.3%と5人に1人が二世帯リフォームをしたことがわかった。エリアの内訳では、首都圏が19.7%だったのに対し、関西圏が22.9%と高い比率だった。  リフォーム選択の意識や行動を把握するために実施したもので、全国20歳以上の男女でリフォーム検討にかかわった5万1507人を対象に行い、有効回答数130 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月26日