行政

その他

住宅政策で要望、税制と規制緩和、経団連

 日本経済団体連合会は20日、今後の住宅政策のあり方に関する要望をまとめた。「住宅と住環境の整備を国家的課題と認識し、官民一体で取り組む必要がある」と指摘している。  耐震など住まいの安全性確保、長期優良住宅の普及やリフォームの促進、住宅産業を「内需型産業からグローバル産業に」転換することなど今後の住宅政策に必要な10の視点を掲げた。  これらの達成に向け、(1)消費増税時の配慮、住宅流通税の簡素 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月26日