賃貸管理

その他

賃貸各社、社宅需要で入居者確保、法人契約の取り込み活発化

 賃貸関連各社が法人契約の獲得を強化している。管理物件の空室対策や賃貸仲介の収益増を狙い、家賃の滞納がほとんどない企業の社宅需要を取り込む。企業からの一定の需要を囲い込んでおくことで、空前の借り手市場の中でも入居者を確保して安定した売り上げを狙う。各社とも提携企業を増やしたり、周辺サービスを強化するなど体制を整える。 ●新需要を開拓  日本財託は昨年12月に立ち上げた法人営業部門がこれまでに累計 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月26日