行政

その他

主要都市地価、上昇、横ばい8割に、大都市で底打ち強まる

 国土交通省は主要都市150地区の第3四半期地価動向(地価LOOKレポート)を発表した。地価の上昇を示す地区が前期の33から34に、横ばいが82から87にそれぞれ増えるなど地価回復の動きが広がった。下落地区は35から29に減った。調査は東京圏65地区、大阪圏39地区、名古屋圏14地区、地方都市32地区を対象に4半期ごとに実施している。  最も高い上昇率を示したのは「とうきょうスカイツリー駅周辺」。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月26日