開発

その他

【都市開発】文化 企業・ひと、国際競争力向上へ新築ビル続々、国際的な業務集積に対応

 今年は、ハイグレードな設備を備えた大規模オフィスビルが相次いで竣工した。オフィスワーカーの働きやすさだけでなく、昨年の東日本大震災によってクローズアップされた企業の事業継続(BCP)に配慮した非常用発電機の導入や非常食などの備蓄、制振構造の採用など、災害対応を充実させていることがポイントだ。こうした点が評価され、外資系企業や海外の財団などの誘致に成功したビルも多く、東京への国際的な業務集積が進ん ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月19日