分譲, 統計・データ

その他

マンション発売14%減、不動産経済調べ需給に減速感

 不動産経済研究所が調べた10月の首都圏新築マンション発売戸数は2887戸で、前年同月を14.4%下回った。減少は2カ月連続。都内の発売が26.6%減と大きく減ったのが響いた。契約率は2.1ポイント増の72.7%。13カ月ぶりに6割台に低下した9月から再び7割に戻したものの、過去1年では9月に次ぐ低い水準にとどまった。順調に回復していたマンション市場は需要・供給とも減速の兆しがうかがえる。  地域 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月19日