その他

連載

先端を読む(271)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、セカンドハウスとしての作り込み、積水ハ、地所レジほか「グランフロント大阪オーナーズタワー」(2)、パーティー前提の空間構成

 「グランフロント大阪オーナーズタワー」で、私が注目したポイントは大きく2つ。「オールセカンド」の発想と、「趣味人のためのしつらえ」だ。  オールセカンドとは、実需の購入者はいないだろう、という考えからの発想。大阪で家族4人暮らしのための住まいを求めるなら、別の選択肢があるだろう。しかし、セカンドハウスを求める人にとって北ヤードは最先端の中心地で、理想的なポジショニングとなる。  セカンドハウスを ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月19日