不動産証券化

特集

Jリート資産規模5割増へ制度整備、資金調達環境を多様化、金融庁市場拡大へ投信法改正

 金融庁は、Jリートの資金調達の多様化や無償減資の導入、インサイダー取引規制の導入など投資信託・投資法人規制の見直しを進めている。財務基盤の安定性を向上させるとともに、投資家から信頼される運営・市場の透明性を確保することで、投資市場の拡大を図ることが狙い。政府が掲げる2020年までにJリートの資産規模を1・5倍にする日本再生戦略の一環でもある。金融審議会に設置したワーキンググループで検討し、年内に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月19日