賃貸管理

その他

アパマン、新規管理受託が8倍に、今期は6千戸の純増見込む

 アパマンショップホールディングスのPM事業が好調だ。12年9月期の新規管理受託戸数が4370戸となり、前期の536戸の約8倍となった。12年4月から受託を強化し、12年9月期下期は3427戸と、上期の約3.6倍を受託した。  一方で事業再編や不採算物件の解約を実行したため、全体の管理戸数(サブリース含む)は5万8870戸(前期比9.5%減)と減少。しかし1000戸単位の売上高・営業利益を見ると、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月19日