賃貸管理

その他

外国人需要を取り込め、留学生倍増、国が計画、日管協がアドバイザー制度、業界挙げて受け入れ強化

 日本に長期滞在する外国人が苦労するのが住宅の確保。身元保証の問題や入居後のトラブルなどを懸念して受け入れに消極的な家主は少なくないからだ。一方で政府は2020年までに留学生などの受け入れを倍増する方針を掲げており、高い空室率に悩む賃貸住宅市場にとっての新たな需要として期待する声もある。  日本を訪れる外国人留学生や労働者は年々増加傾向にある。留学生の数はこの10年間で14万人に倍増、労働者は3倍 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月19日