不動産流通・売買・仲介

1面トップ

住宅売買、軒並み回復、本紙調査、主要流通26社の12年度上期仲介実績、各社、取引活発を実感、下期の本格回復に期待

 不動産流通各社の2012年度上期の仲介実績が出そろった。資産デフレの影響を受けて緩やかながら物件価格が下落し続けている様子が見て取れるものの、ストック活用の旗印のもとに取引が息を吹き返していることが実感できる半期となった。東日本大震災に伴い取引が急減した前年の反動増によるものだが、流通各社は軒並み前年同期に比べて取扱件数が増えたことで下期以降の展開にも期待する。主要26社のうち、比較可能な25社 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月19日